« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

Help

K8

Mさんに鶏がらのお土産。

K6

鶏がらを背中においてみた。

K5

K7

K4

K2

K3 

毛100%

M1

もんだい:なにがいるでしょうか?

M3

ヒント:毛100%です。

M4

ヒント2:たまにカメラ目線します。

M5

こたえ:ざんねんな顔しているいぬ。

M6

おまけ:やぎ100%?

娘と犬

Ara7

ストーブの芯を交換してからどうも調子悪い。

Ara1

飼い主は数日アラジンと戦っている。

Ara2

おかしいねぇなんて言っていたら、飼い主の母より「ごはん」が届く。

Ni01_2 

母から娘へ。

B6

母からMさんへ

Ni03

M>飼い主

悲劇というものは突然やってくる。

B1

悲劇というものは突然やってくる。

00000

ガルルガルル。

B18

悲劇というものは突然やってくる。

000

過激な炎上のため真っ黒。

0

まさか

0000

やはり真っ黒。 

0000000

「お気の毒です」

鬼の形相

A1

飼い主のバイブル。ヒント集1もあり。

B19

ついにストーブに手を出してしまった飼い主。

5

最終点検は飼い主には任せておけません。

1

乾燥で唇が乾いちゃって残念な寝顔になっちゃった犬。

3

寝相も悪くてこれは手に負えない。

ちぇっ。

B5

何かのにおいを嗅ぎ当てた犬。

B13

ダイエットしているはずの飼い主の夜のデザート(いちじくのタルト)

B16

イタグレMさんにはあげないよ。

B9

M:「ちぇっ」「いい加減 ダイエットしろっ」

サビちゃいました。

N3

N10

こんばんは、イタグレのMです。ちょっとサビました。

N6

あんざい果樹園のcafe=cafe in cave に寄りました。

閉まる寸前ではスィーツは残ってませんよ。

N4

いいんです。いいんです。

「桃のスムージ~」が食べられればそれでいいんです。

N5

寒いときはフツウ、温かいモノを飲むのがフツウ。

でも

飼い主はここの「桃のスムージ~」を食べないと

年が越せないのです。

寒くたっていいんです。

N11

N9

でも

実は野の花が一番ダイスキだったりする飼い主。

こちらは食べられませんよ。

 

冷やしたほうが美味しいと思う。

N1

梨がやたらにたくさん並ぶ家。

N7

「いらっしゃい、あんざい果樹園」です。

N8_3

実は桃が欲しかったけど時期が遅かった嘆く飼い主。

でも

梨が美味しかったので、もう桃のことをすぐに忘れちゃった飼い主。

Malc_3

飼い主がなかなか梨をむいてくれないので待ちつかれた犬。

真実を語る犬。

Aaa2

実は、今回の「山イーヌ」。真実を語る。

Aaa1

本当はね

M1

すごく足場が悪くて

M5

すごく風が強くて

M2

すごく寒くて (飼い主がプードルつなぎ忘れる++)

M3

飼い主のプードルウエアーに潜り込み、

見事に登山放棄したのでした。

アルピニスト

M4_2

THE吾妻小富士山頂。

M10

絶景を楽しむ山イーヌ。

M13

しばし、自然の雄大さに心奪われる山イーヌ。

M11

キモチはすでに「アルピニスト野口(犬)さん。」

何かを発見する。。。

M15

野口犬さん、火山ガスを発見!

M12

「おぃおぃ大丈夫かよ~」っ、

かなり火山ガスにひるむ「野口犬」さん

ニセモノ

D4

こんにちは。プードルです。トイプードルのほうね。

D5

あ、ばれた。

D1

当方、ホワホワの多い毛にあこがれているもので。

ご立腹

Mさん、ご立腹のご様子。

Aa1_2 

0時に飲み会から帰宅した飼い主がどうも気に入らないご様子。

Aa2

まるで奥さんだ。

説明書は読みましょう。

Pa101544

raumで会議をする30オーバーたち。

Pa101543

題:水はなぜに冷たいと美味しいのか。

ではなくって。

Pa101545

OLYMPUSのPENってレンズがクルって縮むんだよ。とYYが教えてくれた。

Pa101546

PEN歴、1年以上。説明書読んだことなし。の飼い主。初耳。

Pa101550

まぁまぁまぁリンゴジュースでものんでください。

Bb12

いつもテキトーなんだよ、うちの飼い主は。

食べすぎちゃっている犬

Aa0

最近、Mさんの首の後ろの、はみでている肉が気になる飼い主。

Aa00

「太りましたが、なにか?」

へんなまんまるなデキモノ。

Aaa1_2

首のうしろに

変な真ん丸デキモノができて

「腫瘍」?疑惑のもと

慌てて動物病院へかけこむ飼い主&Mさん。

「腫瘍」疑惑の真ん丸デキモノの

細胞を調べることになりました。

Mさんの真ん丸デキモノに

注射をブスって刺しては「ギャーーー」

吸い取っては「ギャーーー」

針を抜いては「ギャーーー」

Mさん「ギャーーー」3連発に

嫌な汗を背中にツーってかく飼い主でした。

我が家のM姫は

とにかく大袈裟に痛さをアピールするのです。

「痛いんだってば!すんごく!!」と言わんばかりに。

※顕微鏡でのぞいた限り腫瘍ではなく

 ひとまずホっとする。

 来週精密検査の結果待ちですが…。

覚書:体重:6.1キロ:くびにへんなまるいデキモノできる。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »