« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

ホワイト家族。

Aa7 Aa5 A8 Aa1 Aa18 Aa4

0180000000272 非常にホワイトな日。

ホワイトなipad2がきたり、

ホワイトな地震用ラジオがきたり、

ホワイトなちいさなお花が揺れてたり、

ホワイトなハガキに力強いガッツポーズが書かれていたり。

しばらくはホワイトでいきましょう。

あかいあかいあかい。

A2 A5 A1

2007072f232f902fb0120090200905281_7 pray for japan.

あかい日。

きょうは初夏のようにあたたかい日。

ホーム初日戦、

楽天イーグルスもベガルタ仙台も

応援しているみんなも

真っ赤にもえました。

みんなはいつもひとつです。

絶対に乗り越えられる東北のチカラ!

雷雨な憂鬱。

008_2

きょうは雷雨な日。最近は自然の威力に負けっぱなし。

Dsc_0248

甥っ子のランドセルがひっくり返る。

まるでカブトムシがひっくり返っているようだ。

010

いつかは青い海を自由に泳ぎたいもんだ。

6591606_3440133307_2 pray for japan.

2011.04.25

016 021 017

いつの日からだろう。

ユックリできなくなったのは。

いつの日からだろう。

外を自由に散歩できなくなったのは。

いつの日からだろう。

青い海が見られなくなったのは。

Tumblr_li1mmlio2f1qi0qpko1_500_3

Pray4japan_320_50 デキルコトをデキル範囲でやろう。

6591606_3440133307

2007072f232f902fb0120090200905281_2 pray for japan.

2011.04.24

023 018 022      

きょうはポカポカな公園の日。

きのうの嵐はどこへ行ったの?

ポッカポカの春の陽気だったけど、

嵐はちゃーんと、

大きな水たまりを残していったよ。

クロラブさん、

赤い花、

またあした。

嵐のあとはポカポカな日。

003

昨夜の大雨がウソのようにポカポカな日曜日。

クロラブのバディーさんにグリコが顔面パンチしたってことは内緒です。

002

お庭には名前の分からないお花が咲き、

005

まだまだサクラも見ごろです。

006_2

やっと本屋さんにも雑誌や本が入荷されるようになりました。

マリメッコBOOK:ショッピングバックに最適な大きさ。

007

さぁ、お茶をのみながら、じっくり読もうかな。

Ideaforlife_125_125

896696c63cd3cc82d83e1188fd9ca688_22

セツデン。

今デキルコト。

それは「セツデン」

誰にでも今すぐできます。

Tumblr_lhzcdvbhy31qi0qpko1_500_2

この震災で、わたしたちは電気の無い生活を体験しました。

電気の無い真っ暗闇の生活がどれほど不便で、

どれほど電気は必要不可欠なものだったのか。

Tumblr_li18agfgnl1qi0qpko1_500_2

もし今、あなたのところが停電になりました。

あなたは真っ暗闇の中で、懐中電灯や蝋燭をみつけられますか?

ぜひ備えてください。

Tumblr_lhzqop8dhd1qi0qpko1_500_2

この震災で原発の怖さが分かりました。

放射能に怯えながらする生活は分かりますか?

マスクを日々付けて外出する生活は分かりますか?

原発は絶対に反対!原発はやっぱりつくってはいけないのです。

でも原発がつくりだしている電気はわたしたちが使っているということも事実。

2378452b221eb9cd25f8514d7e4cc30a__2

さあ、どうしていこう。これから未来。

わたしたちは真剣に考えていかなければならないのです。

Save_e_11_3

まずはデキルコトからはじめましょう。

電気をなるべく使わないということ。

Bbfab0cfa7595aa3d76a8653c4d1906f_22

好きなセツデンポスターを貼りましょう。

http://setsuden.tumblr.com/

2011.03.11の日を想う。

2011.03.11

東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

犠牲になられた方々およびご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

この日は一生忘れない。

そして、

一生忘れてはいけない。

Lg_liv_int0122_3   

そう思い、「2011.03.11」というカテゴリーを設けることにした。

Ceb9a1909fa088175616e110_l__aa300_

今デキルコト。

それは、この震災を忘れないこと。少しでも多くのヒトに伝えること。

天国に羽ばたいた方の命を決して無駄にしてはならないということ。

これから、一人でも多くのヒトを救えるように。

Kai2010

子供たちの未来のために。

被災地のみんなが笑って暮らしていけるように。

2011.03.11

14:46

あなたはなにをしていましたか?

驚異的なオトコ。

Dsc_0589

フランスからマルクさんにブタのおもちゃが届いた。

甥っ子2号車はわたしのことを「たんたん」と呼ぶ。

このブタを指差して「たんたん」と言ったことは多めにみよう。

Dsc_0379

君のほうがブータロウだと思う。

Dsc_0399

アヒルを買ってきてあげても、

Dsc_0398

すぐつぶす。

Dsc_0588

本屋に連れていくと、

まるで自分のモノのようにあける。

M2

マルクを「ダブツ」と呼び、

G1

グリコを「ドゥディゴ」と呼ぶ。

ドゥディゴがダイスキなのである。

Dsc_0583

そんな甥っ子2号車は、

只今、冬眠中。

キニナル

B1_2

あんなにポカポカ陽気だったのに、

一気に真冬になってしまった仙台。

せっかく咲いたお花たちも、シュンとしぼんでしまったよ。

でも、こどもとイヌはいつでも元気イッパイ。

B3

M「甥っ子2号車…なにかしているねぇー。」

B4

M「非常に気になるねぇー」

B5

M「ちょいと!気になるんだけど。。。」

B6

M「気になるんだけど。」ヒソヒソ

G「なになに?」ヒソヒソ

B7

G「めっちゃ、気になるねぇ~。」

結局、何をしていたのだろう。誰もが知らないのだ。

当たり前のモノ。

M4_2

サクラが咲き始め、

M2

モクレンの花も咲き始めたころ、

M1_5

ついに35日ぶりに我が家にもガスがきました。ありがとう。

S2_2

当たり前のモノは、実は当たり前でなくって、

美味しい空気だって、

蛇口から出る水だって、

カチっとひねるガスだって、

ジャーって流す下水道だって。

決して、当たり前のモノではないのです。

当たり前のモノが当たり前ではなくなって、

はじめて、その重大さに気がつくものです。

蛇口をひねったとき、

一滴も水が出なかった、あの感じは一生忘れないでしょう。

M7

そして、この方々も悪臭を漂わせながら、ついに40日ぶりのお風呂に入りました。

M6_4

まるで、貴婦人のようになりました。

   

サクラサク

S10

あ!

S7

あ!!

S8

あ!!!

S1

ついにサクラがサイタヨ!

S5

春になったんだね。

S4_2

センダイにも春がきたよ!

ノンフィクション

昨夜のつづき…

これは、貴重な「イーヌ狩り」の記録です。

ノンフィクションでお届けします。

I1

獲物をみつけるマルクさん。ベンチに身を隠すグリコさん。

I2

ガウガウと獲物を誘き寄せるマルクさん。耐えるグリコさん。

I3

背後にまわるマルクさん。それにハっと気がついたグリコさん。

I4

再び背後でガウガウ攻撃を行うマルクさん。耐えるグリコさん。

I5

ついに顔面に飛びつくマルクさん。驚くグリコさん。

I6

狙った獲物は逃がさないマルクさん。後ずさりするグリコさん。

I7

再び背後から狙う作戦のマルクさん。カメラマンに助けを求めるグリコさん。

I8

もはやハイエナにしか見えないマルクさん。ハイエナを目で追うのグリコさん。

I9

もう待てないハイエナさんマルクさん。怯えるグリコさん。

I10

ついに牙をむけたマルクさん。絶体絶命のグリコさん。

I11

「あ、イケメンだ!」最終手段、気をそらす作戦に出たグリコさん。

「え?どこどこ?」気がそれちゃったマルクさん。

I12

「どこどこどこ!」イケメン探しにむかうマルクさん。助かったグリコさん。

I13

「イーヌ狩り」から免れたグリコさん。

I14

作戦成功グリコさん。

※決して仲が悪いわけでは(?)ありません。

春まであともう少し。

A1

仙台にもようやく「開花宣言!」

というのに、近所の公園のサクラはまだまだのようです。

サクラが満開になるころには、きっとみんなの笑顔も戻ってくるはず。

A2

緑も芽吹き始めてきたんだから。

Aa3

この方たちも裸族で生活できる春が待ち遠しいのです。

Aa6

何かを思い出したグリコさん。

Aa5

誰もいないことを確認するグリコさん。

Aa1

「シ・・・・・・・・・・・・・・」

Aa4

何も無かったことにしているグリコさん。何かが気になるマルクさん。

Aa3_2

やっぱり気になるマルクさん。

Aa2

あ、ばれました。

つづく・・・

0412゜

Photo3

本日0412゜はわたしの生まれた日。

0時ポン!から本当にたくさんのMAILやメッセージを頂きまして、

ありがとうございました。

まさか、こんな感じで誕生日を迎えるとは夢にも思いませんでしたが、

今は誕生日を怪我なくむかえられたことに感謝するだけです。

ココロアタタカイメッセージありがとう!

いつも忘れずにメールをくれてありがとう!

食事会を開いてくれてありがとう!

プレゼントありがとう!

みなさんに出会えたことが一番のプレゼントです。

11日。

128_2

あれから1ヶ月が経ちました。

1ヶ月前の今、

わたしは車の中でラジオを聴いて夜空を眺めていました。

両腕にマルクとグリコを抱えて。

とても冷たい雪がうっすらと積もる夜でした。

この1ヶ月は必死に無我夢中で駆け抜けた日々でした。

命の大切さ、人のあたたかさ、せつなさ、やりきれなさ…

こんなに考える日々はなかったはずです。

124

この想いは決して忘れないでしょう。忘れてはいけないのです。

123

だから、このキャンドルだけは残しておこうと思います。

126

色違いのキャンドルなのに

ゴールドのガラスは粉々になり、何一つかけらが残っていない。

127

地震、津波、原発で、みんなのココロも粉々にされたけど、

この地でまたチカラを合わせて立てあがって欲しいのです。

122

一歩一歩、みんなは歩き始めているよ!

甥っ子1号車は今日から小学校の門をくぐりました。

130

数週間前まではケーキなんて買えるとは夢にも思いませんでしたが、

ちゃんと買えるようになったんだから。絶対大丈夫よ。

走れ!そして飛べ!!

Gm1

わたしたちは元気でやっていますよ。余震にだって負けないんです。

チカラ。

Dsc_0081

今わたしたちはみんなの愛で生きています。

Dsc_0045

たくさんの物資を送ってくれました。ありがとう。

Ka1

わたしたちを心配してやさしい言葉をくれました。ありがとう。

Dsc_0035

笑いと勇気をくれました。ありがとう。

Dsc_0111

素敵な仲間に出会いました。ありがとう

Dsc_0099

遠くから復旧にきてくれた人たちと出会いました。ありがとう。

Dsc_0053

わたしたちは決して一人では生きていけません。

みなさんの愛で生きられるんです。

だから、がんばろう。みんなが応援しているよ!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »