一箇年三箇月

07malc:一箇年三箇月

日々。

師走。

K1_3

寒い風が窓をならす。

K2_2

いーぬーはーよろこびー♪

にわかけまわりー♪

っていう唄があったが…。

K3

マルクさん「そんな唄しらないよ」

K4

マルクさん「あぁ…さみぃ…」

K5

♪イーヌーはアラジンのまえでまるくなるぅ~♪

K6

♪完全に~まるく~な~るぅ~♪

 

シアワセしろいはと

みなさまがくれた

ココロあたたまるメールやつぶやきに

「ありがとう」

この広い世界

同じ想いをもつ人たちに出逢えたことに

「ありがとう」

1s4

すべてを運んでくれたのは

この

「シアワセしろいはと」

L0_2

「ありがとう」

L5

みなさまの想いも

L3

しっかりとポッケにいれたよ。

L2_2

ラヴ&ピース

「いぬをかうということ」

マルクになって1年が経ち

再び考える

「いぬをかうということ」

1s3

マルクを飼うのに2ヶ月かかりました。

そのとき、この雑誌をよみました。

どうしても気になるページ。

「かわいいだけではありません。…犬を飼う大変さ」

そして、1年経った今またよみます。

1年間で約10万匹も殺処分になるという事実。

犬を飼うのは人間。

犬を捨てるのも人間。

それを救うのも人間。

Bb12

いま自分ができることはなんだろう。

マルクと最期まで共に生きるということ。

このバンドをつけて命の大切さを忘れないこと。

L7

SMALL LIFE, SAME PRICE. (ちいさな命も同じ価値) →dogshelter

※売り上げは100%活動資金になるそうです。

マルクはペットショップ育ち

Mmmm

最初はガラス張りのショーウィンドゥで売られていた犬。

この仔の様子が気になり、毎週毎週通っていた2ヶ月間。

ある日

この仔はショーウィンドゥではなく、床の上に移動されてました。

尻尾が少し折れてしまったのです。

商品としては失格なのでしょうか。

この仔を抱きあげたとき

ペロンと顔をなめてくれました。

床の上に移動された後はどこへ移動されるのかは

わたしには分かりません。

ペットショップで買うことは

どうなのかも分かりません。

でも、この仔と共に生きようと決意しました

Malc

「マルクは今シアワセですか?」

ゆかいな仲間たち

「仲良しMさんとCさん 」

Pc042239

Pc042240

Pc042242

Pc042241_2

Pc042244

 

北欧と北国

R5

今回は山に行く前に

B2

Pikku Joulu vol.5に寄り道。 

B3

我が家もクリスマス準備しないとね。

B1

今回の山イーヌ、

R2

リースの材料探しに任命です。

R10

材料費はタダってことで。

R11

どんどん拾いましょう。

R1

シンプル

R3

予想以上に拡大してしまったクリスマス仕様。

このリースはボファボファしてるから

玄関に飾ろう。

来週も

引き続き

材料集め宜しくお願いします。

Y9

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*KさんのBjorkのHP →☆

Kさんはいつお逢いしても

ステキ過ぎますね☆

派手すぎちゃった犬。

P1

派手すぎた犬。

P2

決して、バツゲームでも仮装パーティーでもないのだ。

P3

決して。

あるいきもの

Q2

謎のいきもの。

オットセイではないらしい。

Q5

モコモコ、アタタカイ。

Q4

トゥ!

Q6

トゥ!トトトゥッ!!

Q1

デヘッ

アザラシでもないもよう。

12月の1日のこと

K8_3

12月ヴァージョン

K4

クリスマスヴァージョン

K5

2010最後のページ

K7

冬の収穫祭 リンゴ酒の準備

K2 

またアクリルタワシをつくる月

I3

コリンゴにケンカをうっている犬

I11

あっ

K6

さようなら。 

犬がいるって。

P2

なんかいる

P3

犬がいる?

P8

犬がいるって

P9

ぜったいに犬いるって

P10

ヨォ!!!

S1

「コココッココッコッ・・・」

ザンネン。

晩秋 旅に出る

Y22_2

S2

S3

S4_2

Y20_2

Y19_2 

より以前の記事一覧